スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古着のジーンズのカタチについて

リーバイスの501ならストレート等、モデル名によってジーンズのカタチが違います。

そのためある程度モデル名によってジーンズのカタチを把握しておくと、古着を探すのに非常に役に立ちます。

ただし、古着ですので前にはいていた方によっては、レングスを大きくカットしていたり、加工されている場合があります。

レングスをカットしたりと加工してあるジーンズは購入前に十分注意が必要です。

サイジングの問題もありますので、最終的にはきちんと直接見て、試着して購入したほうがよいでしょう!

○例 リーバイスの場合

505 501
505はすそに向かってやや先細りになっていく、テーパードライン。
501よりやや洗練された印象。
オーソドックなストレートシルエット。ヴィンテージにあたる年代ものは、現行よる太目のシルエット。
646 517
ひざからすそに向かって、大きく広がったフレアシルエット。 ブーツに合わせられるように、ストレートに比べてすそが若干広がったシルエット。ブーツカットと呼ばれる。
ブログパーツ
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。